Camping / Hiking / Sightseeing / World

Ireland 2018 – Part 1

It’s been a long time since I wrote about our trips. We did another cross country trip last year with our pick-up truck though, long story short, we left California in June 2017 and moved to Upstate New York for good. And it’s already been more than a year since we became New York state residents.

Anyway, we went on a trip to Ireland a while ago. Since we live on the east coast, Europe is closer now and we found out that there is a direct flight from our local yet international airport to Ireland. It is so convenient that Stewart International Airport is only 25 mins drive from our house with no crazy traffic like going to JFK, LGA or Newark.

Norwegian Airlines offers good deals and we paid around $370 for the round trip to Dublin, Ireland. Not bad right!? It was an over night flight and within 6.5 hours, we were in Dublin. We rented an apartment 30 mins walking distance from city center(Temple Bar area) and walked or got on buses to explore the city. Dublin is like San Francisco or NYC or Tokyo where you can walk around the city, take a bus or train to go to near by places so it was easy to figure out how to get around in the city. We did a lot of walking while we were there.

旅ブログを放置すること約1年半。最後の記事は2017年5月に書いたスキーレポートだった。なんだかもう随分昔のことの様な気がするけれど、実は昨年のスキーシーズンを終えた後すぐにカリフォルニア州からニューヨーク州に引っ越した。そして越してきてから既に1年が経っていて、いつの間にか新天地での生活にも慣れ、友達もできて、すっかり馴染んでいる(ような気がする)。カリフォルニアとニューヨークでは人も全然違って、前者はどちらかというと物事をオブラートに包んでやさしく話す、そして後者はとにかく直球なので、これには最初はビビッタ。今でもたまにグサっとくるけれど決して悪気があって言っているのではない(っぽい)。この「引越し」では、3度目となるアメリカ横断の旅をしたので、これはいつか書きたいと思う。

前置きが長くなってしまったけれど、先日、久しぶりに海外旅行に出かけた。行き先はアイルランド。東海岸に越して来たのでヨーロッパがグンと近くなった。さらに便利なのは家から車で25分のところにある小さな国際空港からヨーロッパ各地に直行便が出ているということ。これは引越してきたときは知らなかったから後から知って嬉しさも倍増!今回は手始めに地図上では大西洋挟んで隣国のアイルランドに行くことにした。日本で例えると、韓国や台湾に行くような近場のイメージなんじゃないかと思う。このアメリカ⇔西ヨーロッパの国々を手頃な価格で繋いでくれているのがノルウェー航空。今回は直行便で往復4万弱。飛行時間は6時間半。夜間運行便だったので、夜出て朝にはアイルランドの首都、ダブリンについているという便利なフライトだった。ただ、国際線のわりに機内が狭いのが難点。アジア人の私で狭く感じるのだから、西洋人だったらもっと窮屈なはず。今回は空席があってゆったりと座れたけれど、これ満席だったら相当キツイかも。

ダブリンでは街の中心地から徒歩30分のところに8日間の日程で家具つきアパートを借りた。日本の1Kアパートのような造りだった。街のホテルはどこも2名で1泊2万円ぐらいで非常に高い。アパートだと1泊1万円ちょっとで済むのでホテルに比べればお手頃価格。家の前からダウンタウン行きのバスも出ているし、街中ではないので静かだし、立地的にはまぁまぁだったと思う。街自体は東京のように徒歩で色んな場所に行けるし、バスや電車も頻繁に出ていて、街が複雑な作りではないから地図を見れば迷わず散策できし、何より安全に歩ける(スリとか引ったくりなどが無い)のが良かった。ということで話が長くなりすぎたのでここからは写真で。


Day 1: at Trinity college – It was founded in 1592.  There are over 17,000 students studying here now. we took a guided tour by one of the students who wants to be a lawyer.
1日目:ダブリンの見所10選に入っているトリニティカレッジ、1592年に創立というとても歴史のある大学で、現在は17000が在学しているとのこと。趣があって素晴らしい。


The library of Trinity college, the largest in Ireland.
大学内の図書館。アイルランドで一番大きいとのこと。


Temple Bar- One of the most popular tourist destinations at night in Dublin. There are over 650 pubs in Dublin. Wow!
テンプルバーという繁華街。六本木のような位置づけの場所なんだと思う。中でもこのパブはガイドブックの表紙も飾るほど人気の観光スポットで、せっかく来たから1杯飲んだけど、とにかく混んでいて満員電車に乗りながら飲んでいるような感じだった。自分もここで飲んでいながら言うのはなんだけど、ダブリンには650軒以上のパブがあるらしいから、何もここで飲まなくてもいいんじゃないかと思ってしまう。


Seafood chowder, our 1st dinner in Dublin. It was good!
テンプルバーエリアの比較的落ち着いたパブにて初日の夕飯。シーフードチャウダー。


Day 2: at St Patrick’s Cathedral, it was founded 1191.
2日目:アパートから徒歩15分のところにある聖パトリック大聖堂。1191年創立。日本の歴史でいうと鎌倉時代の建造物。


St. Patrick’s Cathedral from the outside. We admired this Gothic style architecture.
大聖堂の外観。ゴシックスタイルで趣があり、どれだけ眺めていても飽きない。


Christ Church Cathedral from outside. This is right in the city center.
続いて、クライストチャーチ大聖堂。先ほどの聖パトリック大聖堂から徒歩10分ほどのところにあり、街を歩いていると突如この迫力のある大聖堂が目の前に現れて、最初に見たときは信号の真ん中で立ち止まってしまった。危ないあぶない。。。


Colorful doors are one of the land marks in Dublin.
ダブリンのガイドブックを読んでいるとよく出てくるカラフルな家のドア。街中がこんな感じで、オシャレだし隣人と色が被っていないところがさすがだなと思う。お隣さんたち同士でドアの色どうする?的な相談をしているのかが知りたい。


A beautiful door on The Chapel Royal in Dublin Castle.
チャペルのドア。こういう重厚感のある扉は日本ではまず見ないのでとても新鮮。


Tea time. There are many “cafes” in the city and we were tempted to go in every time we see good looking pasties displayed by the window.
3時のおやつ。街中にはパブに負けずカフェも溢れていて、窓際に美味しそうなお菓子がディスプレイされているとついつい「ちょっとお茶でも!」という気分になってしまう。この日は誘惑に負けてレモンメレンゲパイとキャロットケーキ。


Yep, Guinness!! Mr. R is a big fan of Guinness. We visited the storehouse where the beer was originally made by Arthur Guinness. We took a self-guided tour and a pint of Guinness was waiting for us at the end of the tour. Couldn’t be better:)
アイルランドのビールと言えばギネス。リッチ君は大のギネス好き。繁華街から歩いて15分ぐらいのところにギネスの工場があり、ツアーもやっているということでリッチ君は大興奮!ツアーの最後にこのビールが待っていて(ツアー代に含まれている)、景色の良い屋上で飲めるようになっている。そして、気を良くした多くのツアー客は自腹で2杯目、3杯目を飲み、お土産も買って行くという仕組み。実に上手く出来ているなぁと関心してしまった。


Day 3: Took a bus tour to Wicklow Mountains National Park and Glendalough. The bus took us through the National Park. There was noting but nature and it was so beautiful. Many movies have been filmed here and I now know why.
3日目:アイルランド滞在中は毎日雨が降っていて、一日中晴れという日はゼロだった。この日は早朝にまとまった雨が降った後、一日中「ほぼ曇り」という”良い”天気だったので、日帰りバスツアーでウィックロー国立公園を訪れた。この辺りはその美しい景観で有名で、度々映画の撮影が行われているらしい。私も見た事のあるヒラリースワンク主演の「P.S. I love you」のワンシーン、ホリーとギャリーが出会う場面もここで撮られたとのこと。


We had 2 hours free time in Glendalough where you can hike to see two lakes and old architecture.
途中、グレンダロックという場所で2時間の自由行動。ハイキングコースがあったのでたっぷり時間を使って湖畔(写真が無い)を散策。この時間はちょうど晴れていて、緑と青空のコントラストが楽しむことができた。


A nice view from our hiking trail.
迷子になりそうな森林。


Sheep are enjoying the all you can eat buffet, the grass:)
羊は食べ放題の草に夢中。


Late lunch at  Fitzgerald’s Pub. Stuffed chicken breast with triple mash potato with local beer. Ireland 2018 Part 2 is here
ハイキングを終えた後、近くのパブで遅めの昼食。チキンとマッシュポテト。お料理には必ずといっていいほどマッシュポテトがついてきて、毎回ビールとおイモでお腹がパンパン。 後半の記事はこちら

Advertisements

2 thoughts on “Ireland 2018 – Part 1

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s