Camping / Diary / Hiking / Sightseeing / World

Ireland 2018 – Part 2

The first half of the trip is here.
Day:4 This day was a crazy windy day. Many tress fell, both big and small branches were everywhere on the road and it was hard to walk against the wind. We decided to get on the bus and go to museums. There are 4 National Museums in Dublin and all of them are free of charge. It was a good day to stay inside and to know more about Dublin. We visited Archaeology museum and Decorative Arts & History.

旅の前半はこちら
4日目:この日は強風。というより暴風。雨は降らないものの風が強く、街中の木の枝が折れたり、倒れたりしてとにかく危ない状態だった。翌日の新聞にキャンプカーが風に煽られて崖下に転落する死亡事故がおきたと書かれていてこれには驚いた。ひどい天気なので、風が少しおさまってからバスで街に出て博物館巡りをすることに。ダブリンには4つの国立博物館がありどれも無料開放されている。展示品の数も豊富でダブリンの歴史はもちろん、世界の歴史に触れることができて素晴らしい。この日は考古学、装飾美術&歴史博物館に行くことにした。


After leaving museums, we visited Old Jameson Distillery Getting to know about Irish whisky is one of the thing we wanted to do so here we go!! The distillery was founded in 1780 by John Jameson and the whisky was distilled until 1971.
博物館巡りの後に向かった先は、ジェムソン旧蒸留所。アイリッシュウィスキーといえばジェムソン。1780年に創立してから1971年まではここでウィスキーが作られていた。今はツアーと写真のようなバーになっている。とても良い雰囲気。


We took a tour. It was interesting to know how the whisky is made.
ここでもツアーに参加しウィスキーが出来るまでの工程を学ぶ。


We now entered the tasting room. Scotch(left), Jameson(middle), Jack Daniel(right). Jameson is the only one TRIPLE distilled and you can easily tell that Jameson is the smoothest and has a hint of vanilla. At the end of the tour Jameson & Gingerale with lime was waiting for us at the bar(included in the tour).
ツアーにはテースティングが含まれていて、スコッチ(銘柄失念)、ジェムソン、ジャックダニエルの飲み比べができる。ジェムソンはこの3種の中で唯一3回蒸留されているので、口当たりがとても滑らかなのと、ほんのりヴァニラの香りがするのが特徴。何度か飲み比べをしていると目をつぶっても言い当てることができて、ウィスキーを知った気になれる(笑)ツアーの最後にはジェムソン&ジンジャーエールのカクテルが待っていて、オシャレなバーでゆっくりと飲むことができる。ツアー代に含まれていてお得感を演出。口当たりが良くて美味しいから1杯では終わらず、自腹でお代わりからのお土産という流れ。またこの作戦!ウィスキーのボトルに自分の名前を入れてくれる「ここだけの」サービスなんかもやっていて、この「特別感」で観光客の心を鷲づかみ。私たちは今回バックパックだけで来ているからお酒は機内に持ち込めない(空港の免税店で買うもの意外)のでリッチ君はこの「名入れ」ボトルが欲しそうだったけど買わずに済んだ。


Late lunch at a pub, Bangers and mash
パブにて遅めの昼食、アイリッシュソーセージとマッシュポテト


Day 5: We took a half day tour to see Malahide castle and northern coast.
The oldest parts of the castle date back to the 12th century and it was home to Talbot family for about 800 years.
5日目:マラハイド城とダブリンハーバー見学半日ツアー
ダブリン市内から15kmのところにあるお城を見学。お城の一番古い個所は12世紀に建てられたとのこと。また約800年の間Talbot一族が住んでいたとのこと。幽霊がでるという噂もあるらしい。


Brunch at Malahide castle. Salmon pie with triple vegetable salad.
城内のカフェにて昼食。サーモンパイと3種のサラダ。ボリュームがありすぎて食べきれなかったけれど、マッシュポテトばっかり食べていたから青野菜が食べれられたのは嬉しい。


Visiting a small fishing villege, Howth. It was raining unfortunately…
雨の中小さな漁村、Howthを散策。人寝島のような形の島を発見。


There are many small boats in the bay. They are colorful like those entrance doors on the houses.
船が沢山泊っていて、これまた家のドアのようにどれもカラフル。


After the tour, we visited National Gallery of Art in Dublin.
半日ツアーの後、アートギャラリーを訪問。


Day 6: Bus tour to Cliff of Moher
Since it rained everyday in the past 5 days, we saved the best day “mostly cloudy day” to go see Cliff of Moher on the west coast of Ireland. It is a long drive 4 hours one way to see the cliff but everyone told us it is worth visiting.
連日雨が降る中で唯一「傘マーク」のない日があって、この日をモハーの断崖という観光地へ行くために空けておいた。ダブリンからバスで片道4時間。アイルランドを横断して西海岸にやってきた。


At Cliff of Moher. What a view! The camera can’t capture the beauty of the scene.
モハーの断崖に到着。カメラにはとても収めきれない壮大な景色だった。大西洋を挟んで向こう岸はアメリカ。だけど見えるほど近くない。


Another view of the cliff. I only brought my iPhone and I couldn’t take a photo well against the Sun…
本当は反対側にも果てしなく崖が続いているのだけれど、訪れたのは午後3時ぐらいで逆行で写真が撮れず。バックパックの旅だからとにかく荷物を減らそうとiPhoneしか持ってきていない。スマホではこれが限界。往復8時間も使って見に行く価値があるか?という問いには「ある」と答えたい。時間があるなら是非また来たい。カメラでも言葉でも伝え切れないほど迫力のある景色だった。


Day 7: Belfast, Northern Ireland
We found out that there is a direct bus from Dublin to Belfast. It takes roughly 2 hours one way and costs €20 round trip. It is embarrass to say that I don’t know anything about the history of Ireland and Northern Ireland beforehand so it was a great day for me to learn these two countries history.
7日目:北アイルランドの首都ベルファストを訪問
恥ずかしながら、私は北アイルランドを訪れる前日まで、アイルランドは1つの島国だと思っていた。まさか南北に分かれているなんて。北アイルランドはUKの連合国の一つでイングランド、スコットランド、ウェールズの仲間。アイルランド(島の南)はUKには入っておらず1つの独立した国という括り。通過もアイルランドはユーロだけど、北アイルランドではポンド。歴史的、政治的背景はもちろんの事、とても勉強になった1日だった。


Belfast city hall
ベルファスト市庁舎


A view from Titanic trail
タイタニックトレイルという遊歩道からの眺め


Did you know that the cruise ship Titanic was built right here in Belfast? It was a little more than 100 years ago and she was fine when she left here… Anyway, everyone knows about the story of her and it is very sad so I don’t talk about it here. There is Titanic museum in town(The square-ish gray building behind the ship) and it’s worth going to.
あの有名な豪華客船、タイタニック号はここベルファストで造られたことを知っている人はいるのかな?国や街について全く下調べをせずに来てしまったので、街に着いて初めて知るというこれまた恥ずかしい結果になってしまった。ちなみに物知りなリッチ君も知らなかったので気持ち的に少し救われたけれど。タイタニック号の話は悲しすぎるのでここでは書かないけれど、当時造船所があった場所は今は博物館になっていて、その歴史について知ることができる。写真左後方の灰色の四角い近代的な建物が博物館。タイタニック号のことはもちろん、ベルファストがどうやって栄えたか(リネンと造船)などこの国の歴史を学ぶことができ、全部見てまわると軽く半日はかかると思う。私たちは帰りのバスの関係で2時間ほどで見てまわって終了。もっと時間があれば良かった。


The last dinner in Dublin. Rich’s Lamb shank and my roast pork belly.
ダブリンに戻り遅めのそして最後の夕食。リッチ君は大好物のラムシャンク、私はローストポーク。

Day 8: Our fight was 2 pm so we arrived at the airport 2 hours before as usual. checked in, passed the security gate and enjoyed duty free shopping. At 1 pm, 1 hour to the departure, we headed to the gate “US pre-clearance”. We thought this is a special(express) gate for people travelling to the USA. And this was a big misunderstanding…  As we proceed, we found this “gate” means for US bound passengers to undertake all US immigration, customs and agriculture inspections at Dublin Airport prior to departure. Oh my god… There was a long line right in front of us like when you arrive at the destination airport from overseas. Time was ticking… By the time we passed the inspection, it was already 1:30 pm and we saw a TV screen displaying “Last call” on our flight… We ran as fast as we could and somehow made it to the gate. We were literally the last people on board. We managed to get on board though we just wished someone at the ticket counter told us about it. Anyway, we came home 35 mins after arriving at Stewart airport. This was fast. We had so much fun on our trip!

8日目: 最終日。フライトは午後2時発。予定通り2時間前に空港に着き、チェックインをして荷物検査も受け、免税店でお買い得なジェムソンウィスキーを買ったりしてのんびり過ごしていた。出発1時間前になったので、搭乗ゲートへと向かう。チケットに書かれていたゲートは数字ではなく「US pre-clearance」という見慣れないもの。アメリカに向かう人用の専用ゲートのことだと思っていたら、とんでもないことに。実はこれ、本来は行き先であるアメリカの空港に着いてから受ける入国審査や荷物チェックなどを事前にダブリンの空港で済ませるという意味だった。ダブリンにいながら、ここから先はアメリカということ。目の前には長蛇の列。。。みんな事前に知っていたようで笑いながらゆったりと列に並んでいる。この時点で血の気が引き、冷や汗ダラダラ。なんとか入国審査まで進むも、私のグリーンカードの期限が切れているので(新しいものを申請中)色々と質問をされ更に時間を食うことに。全ての審査が終わった時はすでに1時半。ここに来てようやく液晶モニターでゲートの番号を確認することができたと思ったら目に飛び込んできたのは「ラストコール」。これは相当ヤバい。本当に乗り遅れると思い10kgのバックパックを背負った状態で全力疾走。このゲートまでの距離がまた結構長い。なんとか間に合ったものの、私たちが最後の搭乗者だった。こんなの初めて。というか、チケットカウンターのお姉さん、何で何も言ってくれなかったの!? とまぁ最後にヒドイ目にあったけれど、飛行機には乗れたし、地元の空港に着いてからはスムーズで、飛行機を降りてから35分後には家に着いたので良しとしよう。久しぶりのヨーロッパ旅行は新鮮だったし、学びが多い旅になった。

Visited 9/16/2018 – 9/23/2018

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google photo

You are commenting using your Google account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s